皮膚に色を入れる美容方法|疲れたような目を改善しよう|目の下のクマをなくす

疲れたような目を改善しよう|目の下のクマをなくす

ウーマン

皮膚に色を入れる美容方法

目元

肌を染色してメイク代わり

アートメイクとは、眉やアイラインなどのメイクを描く部分の皮膚に色素を入れて肌を染色する方法です。専用のニードルで皮膚の薄い層に入れていきます。大阪など都市の美容整形やクリニックでは多く行われている方法です。アートメイクは刺青と違い、新陳代謝により2〜5年で消えていくのが特徴です。そのため、長くもたせたい場合は色素を濃く入れたり、メンテナンスを年数回行う必要があります。アートメイクの形や入れる顔の部分を数年で変えていけるように薄めにして、その都度どうするかを決める方法があります。主流のメイクやなりたい顔、本人の顔立ちも年々変わっていくものなので、3年ほどで変える方法の方が大阪の美容整形でも人気です。

男性にもニーズがある

アートメイクのメリットは、消えないメイクのようになるので水が触れる場面でも大丈夫であることです。すっぴんを見せなければならないシーンでニーズが高くなります。例えばスポーツクラブのプールではメイクを落とさなければならないので、こういう場面では非常に有利です。温泉旅行や海水浴などでも威力を発揮します。メイクの代わりになるので、毎日のメイクの手間や時間が省けるという特徴もあります。また、メイクのできない男性が、眉を印象的にしたいというニーズがあり、大阪の美容整形では男性向けにもアートメイクを行っています。たくさんある大阪の美容整形外科でも、眉のアートメイクはより立体的に自然に見えるように、陰影をつけたり毛を一本一本描く方法を取っているところがあり、非常に人気が高くなっています。